2019年7月1日

ドライバー教育動画・テスト配信

「自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う 一般的な指導及び監督の実施マニュアル」

 

当サービスでできること!

1 毎月の法定研修を動画で行えます!

2 動画に応じたテストを使い、理解度を確認いただけます!

3 動画、テストは何度でも受講可能!いつでもどこでも教育ができます!

 

指導マニュアルに沿った動画とテストをご用意しております。

毎月行うドライバーさん教育でご活用ください。

 

動画・テストの無料お試しはこちらをクリック!

 

サンプルはこちら

 

動画の項目

1 バスを運転する心構え

2 バスの運行の安全・乗客の安全を確保するために遵守すべきこと

3 バスの構造上の特性

4 乗車中の乗客の安全を確保するために留意すべき事項

5 乗客が乗降するときの安全を確保するために留意すべき事項

6 運行路線・経路における道路および交通の状況

7 危険の予測及び回避並びに緊急時における対応方法

8 運転社の運転適正に応じた安全運転

9 交通事故に関わる運転者の生理的及び心理的要因とこれらへの対処方法

10 健康管理の重要性

11 安全性の向上を図るための装置を整えるバスの適切な運転方法

 

動画・テストの無料お試しはこちらをクリック!

 

テストは紙ベース or スマホを使ったe-learningでのご提供も可能です。

動画・テストのサンプルをお試しいただけます。

お問い合わせページよりご連絡ください。

 

省庁の教育マニュアル等は下記のリンクをご確認ください。

 

●貸切バス運転者に対する指導及び監督の概要 国土交通省

貸切バス事業者が行う指導監督告示の改正内容 国土交通省

自動車運送事業者が事業用自動車の運転者に対して行う

一般的な指導及び監督の実施マニュアル

《第2編 応用編:一般的な指導及び監督指針の解説(詳細版)》 

国土交通省

●バス運転者の 労働時間等の改善のための基準教育 ・ 研修マニュアル 厚生労働省

 

動画・テストの無料お試しはこちらをクリック!

 

一般的な指導及び監督

(対象)

すべての運転者
(内容)

心構え、交通ルール、道路交通状況、旅客の扱い、車両特性・運転適性に応じた安全な運転方法、健康管理など10の項目について指導

(時期)

継続的、計画的、体系的に実施

 

特定の運転者に対する指導

適性診断(初任)の受診

(対象)

新たに雇い入れた者で、過去3年以内に適性診断(初任)を受診していない者

(内容)

日常の運転状況を聴取し、事故の未然 防止のための運転行動の留意点を指導・ 助言

(時期)

運転者として選任する前

 

初任運転者に対する指導

(対象)

新たに雇い入れた者で、過去3年以内 に同じ種類の事業の運転者として選任さ れたことがない者

(内容)

交通ルールや車両特性等について 座学6時間以上、実車訓練は努力義務

(時期)

運転者として選任する前

 

適性診断(特定)の受診

(対象)

死亡・重傷事故を惹起した運転者/軽 傷事故を惹起し、過去3年間に事故を惹 起したことのある運転者

(内容)

事故状況を聴取し、事故要因となった 運転特性(・生活習慣・健康状態)を認識 させ、再発防止(・改善)を指導・助言

(時期)

事故後に再度乗務する前(やむを得な い場合、乗務開始後1か月以内)

 

事故惹起運転者に対する指導

(対象)

同上

(内容)

再発防止策等について座学6時間以上、 実車訓練は努力義務

(時期)

事故後に再度乗務する前

 

適性診断(適齢)の受診

(対象)

65歳に達した日以後1年以内に1回

75歳に達するまで3年以内ごとに1回 75歳に達した日以後1年以内ごとに1回

(内容)

日常の運転状況を聴取し、加齢による 身体機能の変化が運転行動に及ぼす 影響と、それに応じた適切な運転行動を 助言・指導

 

高齢運転者に対する指導

(対象)

65歳以上

(内容)

適性診断(適齢)の結果を踏まえ、加齢 に伴う身体機能の変化の程度に応じた安 全な運転方法等について指導。

(時期)

適性診断(適齢)結果が判明した後1ヶ月以内